なぜ、無添加の天然水をおすすめする訳とは?

 

「健康に良い」という理由で常備して日頃から飲まれている「ミネラルウォーター」なんですが、実はミネラルウォーターの掲載ラベル(原料表示)には基準があることを知っていましたか?

 

水の種類で記載方法が違ってきますので、必ずラベルに記載された「品名」のところをチェックしてくださいね。

 

食料品には必ず「記載ラベル」(表示ラベル)が表記されていますが、水も例外ではありません。

 

食品の場合は原料配合の多い順番から記載されて次に添加物が多い順番から記載されていますが、さらに原産地が載せられているのを良くお店で見かけると思いますが、水の場合は原材料が「水」となっており、次に「採水地」が表記してあります。

 

これから関心を持ってもらいたい所は「品名」のところになります。それは何故かと言いますと、これらの「品名」表記を見てもらうだけでどういった水なのか、一目で理解してもらえるからなのです。

 

 

 

ミネラルウォーターは、大きく分類して3つあります。

 

ナチュラルミネラルウォーター →無添加の天然水を加熱殺菌したものにだけに表示が認められている。

 

ミネラルウォーター →添加物を人工的に入れても良いとされている水に表示されている。

 

△ボトルウォーター →水道水などに添加物を入れても良いとされている水に表示されている。

上に記載した3つにわかれて表記されています。

 

そこで! 無添加で天然のミネラルウォーターを選択する際にはどれが掲載された水が良いのか?

 

もうわかっていると思いますが!!

 

もちろん!◎ナチュラルミネラルウォーターですよね!

 

実質、人工的に添加されたミネラルの場合は体に吸収されにくいというような欠点が目立ちます。

 

残念な事に「水素」も人工的に添加したものだと、時間が進むにつれて水素が外部へ抜けてしまうマイナス面があります。

 

しかし、無添加の天然水を選択することでミネラルが体内に吸収されやすいうえ、水素についても、時間や温度の変化によって水素が外部へ逃げてしまうことが少ないと言われていることから含まれている成分にほとんど変わらないので良くおすすめされているのですね。

 

 

希少ミネラルを多く含んだ天然水を選んでほしいです。

 

無添加の天然水もは世の中にたくさん存在しているのですが、どのような天然水を選べばよいのかわからない方も多いと思われます。

 

せっかくなので1つご提案したいのですが、無添加の天然水を選ばれるのでしたら希少ミネラルを多く含んだ天然水を選んでみてください。

 

例として、コラーゲンという成分は「お肌によい」と言われており、多くの方がご存知だと思います。

 

ですが、コラーゲンばかりを一生懸命に摂取したとしても、シリカ(ケイ素)が不足しているとコラーゲンの効果が十分に発揮できないことがわかっています。

 

そうならないように「シリカ」(ケイ素)を多く含む無添加天然水を選ぶというのはいかがでしょう?

 

それは何故かというと「シリカ」(ケイ素)には髪の毛から爪や肌、歯や血管、軟骨、骨など体全身を構成する体にとても重要な成分でもあります。

 

体の中では決して生みだす事ができませんので、美容と健康にとても価値のある成分なのです。

 

さらに「シリカ」(ケイ素)はコラーゲンの働きをサポートする大切な働きをしますから、日頃からコラーゲンをよく活用されている方にとってはとても心強い味方ではないでしょうか。

 

その上「水溶性のシリカ」には発がん性や毒性が全くないので安心して飲むことができます。

 

 

おすすめのナチュラルミネラルウォーター選びは10年後のあなたを決めると言われるくらい大切な選択ですので、良質な希少ミネラルを多く含んだものを選んでみてくださいね。

のむシリカ【効果】ナチュラルミネラルウォーターを選ぶ理由とは?

 

 

トップページに戻る

おすすめ