プロテインについて

プロテインにはダイエットを実践して健康的な体をつくる効果が期待されており、最近では痩せすぎでお悩みの方が太りたいという理由で健康的に太るためのプロテインなどと言う製品まで販売されています。

 

ですが、単にプロテインを摂取してタンパク質を補給するのみでは筋肉の強化にに結びつきません。

 

 

プロテインを飲む必要性とは

 

プロテインがダイエットや健康維持などで注目を集めているのは何故かといいますと、タンパク質をスムーズに摂取できるということがメリットではないでしょうか。

 

何のためにプロテインを飲んでタンパク質の摂取をするのかと言いますと、代謝や骨格形成筋肉や皮膚の形成にタンパク質がとても重要になってくるからです。

 

通常であればタンパク質の他に体に必要な栄養素を食事で摂り入れるものなのですが、食べることができる量には限界があります。

 

加えて摂取しておきたい栄養素はタンパク質のほかにもありますが、体に必要な栄養素をバランスよく摂取を食事で摂ろうと思うとなかなか大変なことですから、ここで効果を発揮するのがプロテインということになります。

 

 

 

運動してプロテインを摂ることが必要です

 

ボディビルダーであったり筋肉に自慢のある方は、プロテインを活用していると思いますが、

 

タンパク質の摂取により筋肉量が増すといった事例はまさにあるのです。

 

しかし、プロテインを飲んでいるとそれ以外には何もやらなくても筋肉がモリモリとなるわけではありません。

 

筋肉は基本的に鍛えなければつかないのです。

 

プロテインを飲むことでそれなりの運動をしないと筋肉が増えることはありません。

 

 

 

レジスタンス運動とプロテイン

 

このレジスタンス運動というのはとても負荷の高い運動のことを意味します。

 

レジスタンス運動を3か月以上行なった場合、筋力増強にタンパク質の摂取が役に立った可能性を示す国外の分析結果があります。

 

 

運動とプロテインで筋肉増加させる理由とは?

運動をすることにより筋肉は疲れタンパク質は分解されてしまうのです。

 

それだと運動をしなくても構わないのか?といった考え方は安直です。

 

運動により落ちてしまった筋力はタンパク質の合成により回復がなされます。

 

ところが、ただ運動前と同じ状態にに戻るだけですと、筋肉アップする意味がありません。

 

その為、人には以前の身体より強い筋肉を作ろうとすることから、鍛えれば鍛えただけ強くなる要因がこの構造にあります。

 

この構造を効率よく作用させるにはタンパク質が不足してはいけません。

 

そこで、運動後にプロテインを摂ることで効果が期待されるといわれています。

 

筋肉増強の構造をうまく働かせることに必要なタンパク質の量が不明な状況ですと、プロテインをどれ位摂ればよいかわかりません。

 

厚生労働省の発表では18歳以上の男女が1日に摂取することがのぞましいと思われるタンパク質の摂取量は男性が60g女性が50gになります。

 

レジスタンス運動をするアスリートの場合ではもう少し多めに摂り入れることがおすすめなのですが、一般の方がダイエットや健康維持の目的である場合は、この推奨量を目安にすればよいでしょう。

 

※体重1kgに対してタンパク質摂取量1gが目安になります。

 

 

これらの分量には食事などで摂取する分量も入っていますから、サプリメントのプロテインひとつだけではこれよりも少量となります。

 

 

プロテインの飲み方について

 

プロテインを飲む際に覚えておいて欲しいことがあります。

 

タンパク質自体が足りていたとしても必要十分な働きをする事ができない栄養素になります。

 

他の栄養素やエネルギーも必要十分に足りている条件があって初めて効果が期待できます。

 

だとすれば運動においての負荷のかけ方を考えてみたりプロテインに偏り過ぎるのではなく、日頃の食事に配慮することも大切だといえます。

 

 

 

その他の注意点について

 

実はプロテインをたっぷりと飲んでも意味がないということになります。

 

筋肉は鍛えるほどに強くなっていくのですが、それは程度ものであって一度に必要となるタンパク質量にも限度があります。

 

さらにタンパク質を過剰摂取してしまう事で健康に支障をきたす可能性が指摘されていますので、必要以上に飲むことは控るようにしましょう。

 

 

プロテインを摂取するタイミング

 

筋力筋肉増加やダイエットと健康維持をこれまで以上に効果的にするために、プロテインをどのタイミングで摂取するべきかというところが肝心です。

 

そこで前述した筋肉強化の構造を再確認することになりますが、人は運動を終えてから以前よりも強い筋肉を作ることからタンパク質が必要になってきます。

 

その結果、運動後から長い時間が過ぎてからタンパク質を摂取しても間に合わないかもしれませんので、やはり運動をしてからなるべく早めにタンパク質を摂取することが望ましいと思います。

 

 

「プルメイク」痩せすぎのあなたが健康的に太ればナイスバディに!

 

トップページに戻る

おすすめ