サプリメントやドリンクで摂り入れるコラーゲンの副作用について

 

食事から摂り入れるコラーゲンには古くから人類が食してきた肉類や魚類に多数含まれているのですが、実際のところは副作用というものはないといえます。

 

しかし考えられるとすれば、それぞれの食品を対象としたアレルギーの存在や、食品に含むコラーゲンが原因かもしくはそれぞれの食材に含まれるほかの成分が関係しているのかはその食材によって違います。

 

 

現在コラーゲンを配合したサプリメントやコラーゲン入りドリンクに利用されているもののほとんどが「コラーゲンペプチド」になります。

 

コラーゲンペプチドと言うと豚の皮や魚の皮、鱗より取り出したゼラチンを酵素分解することで低分子化されたものになります。

 

そのため食品からごく自然に摂り入れるものではなく、健康食品などから摂り込み吸収するペプチドの割合の方が高くなります。

 

そもそもコラーゲンはタンパク質のひとつで消化されるとアミノ酸に分解されることになりますが、全てアミノ酸となって吸収されることはなく、その一部分はアミノ酸が複数繋がった状態のペプチドとし吸収されているのといわれています。

 

 

アレルギー

 

コラーゲンの副作用の中には「じんましん」といったアレルギー症状が出る方もいます。

 

コラーゲンが原因でアレルギーが起きる方で元々タンパク質に対するアレルギーを持っている方ですと、コラーゲンがタンパク質の一つだと知らないまま食べてしまい、「じんましん」の症状が現れたというケースもあるそうです。

 

加えて、アトピー性皮膚炎の方がコラーゲンを摂り入れることにより、アレルギー症状を発症してしまうことが多いと言われています。

 

 

ニキビや吹き出物について

 

摂り入れたコラーゲンペプチドや特有のアミノ酸が元となっているのか定かではありませんが、これらのサプリメントに含まれた異なる成分が影響して生じる場合もあります。

 

中でもコラーゲンを配合した飲料は液状なので、多くの成分を添加することが可能で、ヒアルロン酸やビタミン類といった美容効果の期待できる成分や味を整えるための香料や甘味料といったものが配合されており、過剰摂取することで、ニキビや吹き出物が出やすくなる可能性もあります。

 

 

妊婦・授乳婦の摂取について

 

健康食品の安全性・有効性についてはアレルギーが引き起こされる可能性が懸念されていますので、妊娠中や授乳期の安全性に関する有益なデータが揃っておらず、サプリメントの利用を避けた方が良いとされていますので注意する必要があります。

 

しかも、コラーゲンの過剰摂取は腎臓に悪影響をもたらす可能性も考えられているのですが、サプリメントから摂取する量で飲み方を間違えなければ過度の心配は不要です。

 

むしろ、腎臓疾患をお持ちの方がタンパク質の摂取量をコントロールされている場合は「コラーゲンはタンパク質」であるということを認識した上で食事制限をおこなう必要がありますので気をつけてくださいね。

 

 

トップページに戻る

おすすめ