酵素と乳酸菌の違いは?

酵素は乳酸菌が発酵する時に作られる成分で、食べ物を分解することによって消化の働きを促して代謝を上げる働きがあります。

 

酵素は乳酸菌とは違い菌類に属する生物ではなく成分であるタンパク質に分類されていて、高温で加熱されることでその効果の大半は失われてしまいます。

 

一方で糖を炭水化物などによって消費して乳酸を作りだす細菌のことを乳酸菌と呼んでいます。

 

乳酸菌が腸内に住んでいる細菌のバランスを調整することによって、健康促進に役立っています。

 

乳酸菌の種類にはさまざまあり腸内を酸性にすることで、腸内の腐敗を抑制したり、腸のぜん動運動をサポートしてくれますので、期待できる効果は主に便秘の改善があげられます。

 

そのように酵素と乳酸菌にはそれぞれ与えられた役割があって2つの相乗効果により効果の高いダイエットを健康的に実践することができます。

 

乳酸菌は腸内で生活している善玉菌を増やすエサにもなりますので、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることにより腸内環境を正常に働くようサポートしてくれます。

 

乳酸菌にはヨーグルト等に含有される動物性乳酸菌と漬物等に含有される植物性乳酸菌がありますが、生きたまま腸に届く植物性乳酸菌を積極的に摂ることがおすすめです。

 

体内の乳酸菌や酵素は年齢と共に減少していきますので、それぞれ不足した分を普段の食事や健康食品、サプリメントなどを上手く活用しながら効率よく摂ることをおすすめします。

 

腸内環境が乱れていたり、代謝が落ちてしまうと太りやすい体質になるだけではなく、免疫が落ちることによって病気などのリスクが生じる可能性も出てきます。

 

乳酸菌の理想的なとり方と言えば発酵食品からの摂取が一番良いとされており、納豆に酵素が豊富に含まれた大根おろしを加えたものや、乳酸菌と酵素が含んだ塩麹を活用したメニューも良いですし、漬物や味噌などの発酵食品を食べることで上手に乳酸菌を摂取してください。

 

毎日食品から摂取をすることが困難である場合にはサプリメントを上手く活用してみる事を検討してみてください。

 

最近の生酵素サプリメントには乳酸菌と酵素(生酵素)の2つに着目しているものが多く、乳酸菌と併せて摂ることで相乗効果を得られるものがありますので、生酵素の効果を活かすためには乳酸菌と合わせて摂ることがおすすめです。

 

酵素は加熱処理行っているドリンクタイプよりは熱処理されていない生酵素サプリメントの方が効率的とは言われていますが、酵素や乳酸の配合されたサプリメントや健康食品は数多くありますので、ご自分の体調や目的ににあったサプリメントを選んでみてくださいね。

 

「たよりのおめぐ実」21種類の乳酸菌でスッキリを実感してください

 

トップページに戻る

おすすめ