酵素ダイエットの方法と注意点について

短い期間でダイエット効果が高く、食事と置き換えるだけのなので忙しい方にも人気がある酵素ダイエット。

 

酵素ドリンクを飲むだなのですが、その飲み方にもいろいろありますので正しい方法で実践しないと体調を崩す可能性もあります。

 

そうならないためにも、酵素ダイエットの方法に関する注意点についてまとめてみました。

 

酵素ダイエットに少し興味のある方やしっかりやり遂げて痩せたい方など、目的がそれぞれ違うと思いますので、自分に合った方法を選択する事がおすすめになります。

 

酵素ダイエットを試してみようと考えている方が、正しい方法で健康的に痩せることができることができれば幸いです。

 

 

 

はじめに、酵素ダイエットとは?

 

ダイエットに効果的である酵素。 この酵素の力を利用することでダイエットを行います。

 

体内に酵素を取り入れるためには、野菜や果物などを豊富に摂ることが必要です。

 

手作りの酵素ドリンクを使ったこ方法もあるのですが、手間がかかるうえに思うような効果が実感できないこともあるようです。

 

そこで、満足できるダイエット効果を得たいという場合には、市販の酵素ドリンクを活用して食事と置きかえるダイエットがおすすめできます。

 

ダイエットといえば、食事制限を連想される方が多いと思われますが、栄養不足などによって体調を崩すなど、多くのデメリットをかかえてしまう事もあります。

 

しかし、酵素ドリンクに含まれる栄養価は高いので、短期間であれば体に支障なく置き換える事が可能となります。

 

 

ダイエット効果が高いとされる酵素ドリンクを食事と置き換える事によって、短期間で痩せる効果が期待できることから、モデルなどを中心としたスタイルの維持を意識した女性に人気があります。

 

例えば、このベルタ酵素というものは、今までは女優やモデル専用として売られていたもので、その反響の高さから一般向けに販売されたという経緯があるそうです。

 

「短期間で確実に痩せなければならないダイエット」そのものが仕事ともいえる彼女たちから大変好評だったそうです。

 

現在ではどなたでも購入出来るようになり、短期間でのダイエットを望んでいる方は一度チャレンジしてみることをおすすめします。

 

酵素ダイエットの方法は上の記述通りなのですが、食事と酵素ドリンクを置き換える場合でもその方法については、いくつものタイプがあげられます。

 

それらのタイプを理解することで、自分が望んでいる酵素ダイエットの方法をものにして負担なく実施するようにしてください。

 

 

1食を置き換える酵素ダイエットとは

 

酵素ダイエットの登竜門ともいえる方法でとりわけ簡単に継続できる方法が「1食置換え」になります。

 

方法はシンプルで、「1日3食」のうち、例えば、朝食を酵素ドリンクに置き換える酵素ダイエットのタイプになります。

 

酵素ダイエットと言えば、浜田ブリトニーさんもこの酵素ダイエットで成功しています。

 

朝食を酵素ドリンクに置き換える訳ですが、寝起きの状態ですと内臓が十分起きていないと思います。

 

そこで、食事を口にしても消化するのに時間がとられて内蔵に負荷をかけてしまうので、負担の少ない酵素ドリンクに置き換えるというわけです。

 

摂取カロリーをカットしながら内臓への負荷を少なくする 相乗効果を実感できるのが、この1食置き換え酵素ダイエットの方法になります。

 

空腹感などのストレスも少なくて済むので酵素ダイエットの始めたばかりの人にもおすすめできるやり方になります。

 

この方法ですと、1ヶ月位継続することでちゃんとダイエット効果を実感できると思います。

 

 

半日断食の酵素ダイエットとは

 

1食置き換えの酵素ダイエットの方法に慣れてきた方は、次のステップの「半日断食」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この方法は食事を摂る回数や量は変わりないですし、 朝食を酵素ドリンクに置き換える方法も 1食置き換えの酵素ダイエットと同様になります。

 

それでは、何が違うのかといいますと「夕食を食べるタイミング」になります。

 

半日、おおよそ18時間は食事を摂らないで酵素ドリンクと水だけを摂取するといった、少しハードルが上がった酵素ダイエットのタイプになります。

 

実際の方法については、夕食をだいたい19時頃までに食べ終わってから翌日の13時までの間を酵素ドリンクと水のみで過ごす方法になります。

 

13時からの昼食は普通に食べても大丈夫です。 こうすることで空腹の時間帯が長くなる分、身体が脂肪を燃焼してくれるといった理由になります。

 

 

この半日断食も、1ヶ月以上継続することで、痩せた事を実感できると思います。

 

 

1日断食の酵素ダイエットについて

 

この方法からは「真の酵素ダイエット」になるでしょう。

 

これまで食べていた1日3食を全部酵素ドリンクに置き換えてみましょう。

 

すなわち、1日中ご飯やおかずなどを食べないで酵素ドリンクと水だけで過ごすというタイプになります。

 

この方法のメリットですが 1日で済ませるので、月曜〜金曜にお勤めをされている方にも実践しやすいタイプになります。

 

流れとしては、週に1回や月に1回といったように決めてから実践します。消化器官を休息させるだけでなく、デトックス効果も期待できます。

 

 

2日断食の酵素ダイエットについて

 

この酵素ダイエットの方法は、 1日断食と変わりはなく、1日3食の食事を、酵素ドリンクに置き換えて水と酵素ドリンクのみで、2日間過ごすタイプになります。

 

効果に関しても、1日断食と同様内蔵を休めデトックス効果が期待されています。

 

当然ですが2日間の断食をする方法ですから 、1日断食の酵素ダイエットに比べてその効果は高いでしょう。

 

ですが、効果が高いとはいえ身体にかかる負荷も2倍になってしまうので、注意が必要になります。

 

いきなり2日断食の酵素ダイエットを始めるのではなく、慣れてきてからチャレンジすることをおすすめします。

 

 

3日断食の酵素ダイエットについて

1日3食の食事を置き換える酵素ダイエットの方法では今までで説明してきた中で、一番長い期間を実施するのが、3日断食になります。

 

これ以上の期間行うと、健康的にも危険性がありますので、専門家の指示がない状態ではとても危険になりますので独自の判断で行う事はしないでください。

 

3日間以内なら、家で行なっても問題ないと思いますので、乗り切れると思われる方はチャレンジしてみてて良いかもしれませんね。

 

方法については、もうおわかりですよね。!

 

1日断食や2日断食の酵素ダイエットと同様で 3日間、酵素ドリンクと水のみで過ごす流れですね。

 

3日間の断食を体験すると、ほぼ内蔵が機能を取りもどし集中力も高くなってスッキリとしてくるでしょう。

 

ある程度、まとまった時間が取れる方には 3日間の酵素ダイエットにチャレンジしたい方はがんばってください。

 

ここまでで挙げたように酵素ダイエットには、様々な方法が見られます。

 

ですが、断食という普段行なわない事をするので、その方法には十分注意しないと体調を崩したり、倒れる可能性もありますので、注意点をしっかりと把握することで安全に酵素ダイエットを実践してもらえれば幸いです。
※少しでも体に異変や不安が出てきた場合には、ダイエットをすぐに中止してください。心配でしたら医師に診察してもらいましょう。

 

準備期間が、1日以上の断食ダイエットの方法については行う前に準備をする期間が必要になってきますので、 いきなり完全な断食を行なってしまうと身体がショックを受けて体調を崩す可能性もあります。

 

そして断食を行い体重減少の効果を発揮させるためにも確実に準備期間を取るようにしてください。

 

例をあげると、3〜7日間は、普段の6〜8割程度の食事を摂るようにしてください。

 

その場合、食べる量の調整に加えて食事の内容も、野菜や果物中心にしてください。

 

この準備期間をきちんと取れるかどうかで断食酵素ダイエットの効果は違ってくることでしょう。

 

きちんと準備期間を取った状態で酵素ダイエットや断食に挑戦してください。

 

 

復食期間について

 

1〜3日間くらい、酵素ダイエットで断食を実践したら、復食期間として、3〜7日間くらいは食事内容に気を付けてください。

 

こういった復食期間には、食事制限をして休ませた内臓を少しずつ通常の食事に近づけながら慣らしていくことが目的になります。

 

断食をした後、すぐにむちゃ食いなどをすることで、リバウンドを招く原因にもなり、内蔵がショックを受けて、体調を崩す可能性も考えられます。

 

復食期間の食事については準備期間と同様で、普段の食事の6〜8割くらいで、野菜と果物中心の食事がおすすめです。

 

※復食期間のとくに初日は、お粥などの消化に優しい食べ物が良いと思います。

 

 

 

水分をきちんと摂ることについて

 

酵素ダイエットしている間、口に入れるものは、水と酵素ドリンクだけ、といった期間が長いと思います。

 

なので、きちんと水分補給をするという意識が酵素ダイエットのポイントであるといっても間違いありません。

 

しっかり水分補給をしないと脱水症状を招くケースもありますし、十分に毒素を身体から排出できません。

 

酵素ダイエットで痩せることを考えれば、汗をかいたり排泄などによって毒素を出す事が重要になりますので、違うダイエットに関しても同じなのですが、1日当たり2リットルほどの水は飲むことを意識しながら、1日に5〜7回程度のトイレに行くことが目安くらいの水分補給が必要になります。

 

せっかく飲む水にも、よりダイエット効果が期待されるものを選ぶようにすれば、さらに酵素ダイエットの効果を高めてくれると思います。

 

今、話題の水素水であるとか、ナチュラルミネラルウォーターなど飲料水に意識を向けられるといいですね。

 

お茶などでも問題ありませんが、カフェイン入りの場合ですと、空腹時の内蔵に刺激が強すぎてしまい、水分を余計に排出してしまうことになりますのでおすすめできません。

 

ナチュラルミネラルウォーターを使ってお白湯をつくり飲まれることをおすすめします。

 

お白湯は身体を内蔵より温めてくれますから、脂肪の燃焼効果も高まることにより、酵素ダイエットの効果を高めてくれるでしょう。

 

 

塩分の補給をすることについて

 

水分の補給ばっかりで忘れがちになりますが、酵素ダイエット中に、塩分の補給も忘れることがないようにしましょう。

 

酵素ダイエットの断食中には食事によって塩分の補給が、ほとんど無い状態から水分補給をして排泄をする事になるはずです。

 

その結果塩分の補給が無いに等しい状態なのに塩分は、体の外側へ出てしまうことで塩分が不足してしまい、頭痛やめまいが起きる原因になることがあります。

 

水分補給に使う飲料水に、水の中にひとつまみの塩を入れてみたり、ほんの少し塩を舐めるなどして定期的に塩分補給をしてください。

 

塩分補給は、酵素ダイエットを成功させるためには重要なことなのです。

 

 

1食置き換えについては食事も改善することについて

 

1食置き換えの酵素ダイエットの方法ではあとの2食を普段のまま食べる方が多いようです。

 

しかし、普段の食事がカロリーオーバーだった場合ですと、朝食だけを酵素ドリンクに置き換えたくらいでは、摂取カロリーが多すぎるかもしれません。

 

酵素ダイエットに限らず炭水化物や高カロリーな食品はダイエットの大敵なのです。

 

今実践しようとしている酵素ダイエットで痩せたい気持ちがあるのでしたら、置き換える朝食以外の2食には、サラダなどの野菜を中心としたものを食べることがおすすめです。

 

本来は和食のようなヘルシーな食事にして主食の白米は、玄米に変えることをおすすめします。

 

しかし、ヘルシーと言われる和食の料理や調味料には意外と炭水化物が多いので、調味料の摂り過ぎにも注意が必要です。

 

麺を食べるにしても、うどんではなく蕎麦にするなど、できることならGI値が低い食材でしたら酵素ダイエットでも効果が実感できるのではないでしょうか。

 

せっかく1食を酵素ドリンクに置き換えるわけですから、他の食事にも痩せる要素が満載のものを食べるようにして酵素ダイエットの効果を高めましょう!

 

酵素ダイエットの方法や注意点が少しでも理解して頂けたのであれば幸いです。

 

 

それでは、どの酵素ダイエットから実践するとよいのでしょうか。

 

この順番においては負担の軽いものから始めるべきですよね。

 

最初から無理に 3日間断食の酵素ダイエットの方法を選んでも空腹に耐えることができず、断念してしまう可能性が高いと思われます。

 

取り掛かりはやはり、負荷の低い方法の 1食置き換えの酵素ダイエットからスタートすることが途中で挫折しない可能性が高いと思います。

 

無理をして行えば、体調を崩してしまう可能性もありますし。

 

と言うものの、やり遂げられる自信がある方でしたら、初めから3日間断食の酵素ダイエットを選んでも方法としては問題ありません。

 

準備期間と復食期間の前準備がきちんと出来ていれば、体調を崩すこともないでしょう。

 

ダイエット期間と減少させたい体重をあらかじめ考えた上で、計画を立てた最適な酵素ダイエットの方法を選び実践してみてください。

おすすめ